1)お口の中の資料データ集め

 

レントゲン、画像モニター、歯周組織検査などでお口の中のデータを集めます。

 

■歯周ポケット検査

 

通常3mmぐらいの深さですが歯周病が進行すると5mm以上にもなります。

 

■出血度テスト

 

歯周病が進行すると歯ぐきに軽く診査用器具で触れるだけで出血します。(炎症が進行しています)

 

■歯周病カルテ

 

データはすべて記録、保存されています。

 

2)カウンセリング

 

現在の状態のご報告・治療の進め方のご説明を、本格的な治療に入る前に行っております。

 

 

 

3)歯石とり

 

目に見える部分の歯垢・歯石をとります。

 

歯石を取る前

歯石をとった後

 

4)プラークコントロール

 

・歯垢染色

・歯磨き指導

・補助用具(糸ようじ・歯間ブラシ等)のアドバイス等

 


一見きれいに見えますが・・・

染め出しをするとこんなによごれています。

 


正しいブラッシングをマスターすると

染め出してもよごれはありません。

 

5)歯周組織検査2

 

プラークコントロールの成果をここで確認する為に再度歯周ポケット検査、出血度テストを行います。

 

 

 

6)歯石とり

 

お口の中を上下6ブロックに分けて、ポケット(歯と歯ぐきの間にある溝)の中にもぐり込んでいる頑固な歯石を取っていきます。

 

歯の下にもぐり込んだ歯石

 

7)歯周組織検査3

 

治療の成果をここで確認します

 

 

歯周病治療前

治療後

 

8)歯周病をさらによく知るために

 

自費の検査として、唾液検査、バナペリオがあります。

 

唾液検査

バナペリオ

 

 

 

当院でおすすめしている予防グッズです。

 

 

 

 

抜けた歯の周囲の歯が動く
対合していた歯が浮いて弱くなる
噛む機能が低下する
食べ物がつまりやすい
人工歯を支えるために2本以上の歯が必要
健全な歯を削る
支える歯に負担がかかる
形状が合わないと口の中で動いてしまい、当たりができ痛みを生ずる
バネを架けた歯の負担が大きい
味覚が異なる
発音障害
自分の歯のような自然な感覚
噛む力が低下しない
健全歯はそのまま保存できる
審美的(外観)良好