連携医療機関

歯科医師会

 

 

 

1)お口の中の資料データ集め

 

レントゲン、画像モニター、歯周組織検査などでお口の中のデータを集めます。

 

■歯周ポケット検査

 

通常3mmぐらいの深さですが歯周病が進行すると4mm以上にもなります。

 

■出血度テスト

 

歯周病が進行すると歯ぐきに軽く診査用器具で触れるだけで出血します。(炎症が進行しています)

 

■歯周病カルテ

 

データはすべて記録、保存されています。

 

2)カウンセリング

 

現在の状態のご報告・治療の進め方のご説明を、本格的な治療に入る前に行っております。

 

 

 

3)歯石とり

 

目に見える部分の歯垢・歯石をとります。

 

歯石を取る前

歯石をとった後

 

4)プラークコントロール

 

・歯垢染色

・歯磨き指導

・補助用具(糸ようじ・歯間ブラシ等)のアドバイス等

 


一見きれいに見えますが・・・

染め出しをするとこんなによごれています。

 


正しいブラッシングをマスターすると

染め出してもよごれはありません。

 

5)歯周組織検査2

 

プラークコントロールの成果をここで確認する為に再度歯周ポケット検査、出血度テストを行います。

 

 

 

6)歯石とり

 

歯周病になると歯周ポケットが深くなってしまい歯ぐきの奥にまで歯石が付着します。器具を使い日常のご自分のブラッシングでは取り除くことができない歯ぐきの中の歯石を除去します。全ての歯に治療が必要な時は歯を6ブロックに(上下前歯左右上下奥歯)に分けて治療します。歯石を取り除くと歯ぐきの中の細菌が減り歯ぐきが引き締まります。

 

 

7)歯周検査III

 

検査をして歯ぐきの状態を確認します。

 

 

歯周病治療前

治療後

 

8)歯周病をさらによく知るために

 

位相差顕微鏡

 

 

 

 

 

 

当院でおすすめしている予防グッズです。